アシュリー 手術が終わりました。

  • 2015.02.17 Tuesday
  • 23:59
今月上旬

体調を大きく崩し
入院した アシュリー。
(前回までの記事をご覧下さい)


入院直後。酸素のお部屋で。



エコー等の検査の結果

もと子宮があった辺りに
大きな膿みの塊のようなものがあって

それが、腎臓や大腸などを
圧迫している状態。


白血球の数値は高く

腎臓も弱っている状態…


なので

その膿みの塊を、手術して取る

という事になったのでした。



そして今日が その 手術の日。



手術の直前

また、少しだけ休暇をもらって

アシュリーに会いに行きました。





アシュリー、頑張ってね。



まま、わたしだいじょうぶかな。



先生曰く

とても早く状態が上がって来てくれたので
思っていたより早く
手術する事が出来るとのこと…。



入院した当時は

今この状態で麻酔をかけたら
そのまま… なんて言われてしまって

心臓が
バクバクしてしまいましたが…。



シロート目にも
だいぶ調子がよさそう!と
思えるまでになりました。




アシュリー、大丈夫だからね。
先生が、良くしてくれるから。



そうね。まま。



おなか、なでて。




と、言わんばかりに 横になってくれたので

膿みのある おなかを ナデナデしながら
お祈りしました。



『どうか神様、アシュリーを
元気にしてかえしてください。』




仕事に戻っても

何だか上の空。




そして、退勤後

手術後の状態を聞きに
もう一度病院へ行きました。



すると!



もう、立ち上がって
わたしを笑顔で迎えてくれました!!




嬉しい!!



気になるのは
おなかの中が、実際の所
どうなっていたのか… です。



先生に詳しくお話ししていただきました。




『お話が、2転3転してしまう様で
申し訳なかったんですが、』




『はい。(?)



『子宮はですね、きれいに取られていました。』


『そうだったんですね!』



まま、せんせいとおはなし?





前回のお話では、おそらく

アシュリーの避妊手術は
卵巣だけを取ったもので

残っていた卵管などが

子宮蓄膿症になっているのではないか…
と、言われていました。




『それで、膿みの塊は、この辺に
大きなのが1つだけあったんです。』



なんかちょっと つかれちゃった。




『そうでしたか。じゃあ、3つ見えたというのは?』



『はい。それがですね、
体に炎症がおきると、血管のまわりにある
リンパ節って言うのが、白血球を出して
炎症を抑えようとするんですけれど
そのリンパ節が、実際は5〜6ミリの小さなものなんですけど
すごく大きくなっていまして、
あ、ここにあるんですけれども…』




サンプル瓶のようなものに
摘出されたリンパ節が
入っていて、見せていただきました。




『うわ〜。』



横が6〜7センチ
縦が2センチほどにも膨れ上がった
リンパ節が入っていました。




『頑張り過ぎて、こんなになてしまったんですね?』



『そうなんです。で、これが
血管を動脈とか静脈を圧迫していましたので
取り除いたんですね。
アシュリーちゃん、足がむくんでいたかと思うんですけど
これのせいでもあったんです。』



『そうだったんですね。』




ねむ〜い。




『それで、このリンパ節を膿みの塊だと
思ってしまっていたんですけれども
膿みの塊自体は、実際は1つだったんですね。』



『はい。』


『わたしたち、膿瘍って呼んでますけど
…何で出来たのかは、原因は不明です。』




『(!!)そうなんですね。』


『それで、これ自体は、取ることができませんでした。』



(え〜!!)そうなんですね(汗)』



『実は、この膿みが動脈と静脈に
べったりとはり付いていて
はがして取ろうとして
もしも、血管の方を傷つけてしまったら
アウトなので…。』






『(汗)そうですよね!(ハァハァ)





『あ、寝ちゃいましたね。』




『ホントだ…。』


アップで見るとこう。
いつも白目むいて寝るコ。






『でも、膿みなので、針で吸い取って抜いてしまったんです。』




『そうなんですね。じゃあ、今は
小さくなっているって言う事ですか?』




『そうです。で、今も、おなかの所に
管が通っていて、また、出て来ても
体外に出せるようになっています。』




『(わお!)そうなんですか。』





『それで、今後なんですけれども』



『はい。』



『膿みが出たという事は、何かの菌が悪さをしていて
それをやっつけようとして出た訳なので、』





(なるほど)はい。』



『その菌が何なのかを調べて、それを抑える
抗生剤を使って、腫れないようにする… ということに
なって行くと思います。』




『それは、点滴とか、飲み薬とかですか?』



『抗生剤は、お注射か、飲み薬しか無いんですけれど
飲み薬の方を選んで行かないと
来ていただく事になってしまうので
飲み薬の方で合うものを考えています。』





『はい。ありがとうございます。』




先生には、手術中に撮っておいてくださった

体の中の患部の写真を数枚
見せていただきました。





『2時から始めて、
4時近くまでかかっちゃったんですけど』




『ぅわ〜先生、長い時間、ありがとうございました。』



『あ、いえいえ。でも
アシュリーちゃんが丈夫なコなので よかったです。
もう、立ち上がってくれていたので、すごいですよね。』




『はい。来た時は、立っていて笑顔でした。』




『一応、今の所、血液の数値もどうにか
大丈夫なので、輸血はまだ大丈夫だと思いますが
今後、タンパク質の数値が下がってしまったりすれば
輸血… という事になると思います。
その時はまた、ご連絡しますので。』




『わかりました。先生、
本当にありがとうございました!!!』





『あ、いえ。どうも。
最低でもあと、3日、入院していただきたいと
思っているんですけれども
ずいぶん長い事 お預かりしてしまったので
なるべく早くお返ししようとは
思っています。』





『ありがとうございます。
本当に、ありがとうございました!!』






先生が診療のお仕事に戻られた後も
しばらく、いつものように
白目をむいて爆睡する
アシュリーを見ていました。




上の階には 大好きなニャンコちゃんが…。


まだ小さいコです。



がんばったから
ご褒美かな?



アシュは、気づいてないか。





ということで、アシュの手術は
終わりました。



摘出したリンパ節は
検査に出されて

ガンとか悪いものが無いかどうか
調べるとの事。



でも、とりあえず

後3日もすれば
アシュリーが帰って来られるとの事なので

ひとまずホッとしました。



これからも様子を見ながらの生活に
なっていくとは思いますが





晴れてリタイヤして
時間の出来るお父さんと


ゆーっくり
たーっぷりお散歩して


愛情いっぱいの手作りご飯を
食べてもらって




カブと一緒に
ニコニコ顔のシニア時代を
過ごして欲しいです。



てーちゃんの分まで
長生きしてもらわなくちゃ!!




とーでつ。
がんばるでつ。




ではバイバイ
右上のリンクの欄に右斜め上
里親募集のサイトが
たくさん貼付けてあります。
飼いたくなったら
買う前にこちらを。

 にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親引受者へ
ランキングに参加していますクリック
コメント
アシュリーちゃん無事に手術が終わって良かったですね。
とても心配していましたけど、ブログを読んでホッと
しました。

まだまだ完治とまではいかないかもしれませんが
徐々に快方に向かえばいいですね。良かった良かった。
くうあいさんも仕事があるのにお疲れ様でした。

あ、それから前回返信いただいたコメントですが、
僕のスキーの腕前は、ド素人に毛が生えた程度の
ヘッタッピスキーです。

初めて滑ったのが大学生の頃で遅かったので、せめて
子供達は早めに経験させたいなぁと思って頑張ってますw
子供達のほうが僕より上手ですよ、ホント。
  • さくらパパ
  • 2015/02/18 9:43 PM
さくらパパさん、コメントありがとうございます。

何とか、最悪は回避できた様で、本当にホッとしています。(支払いの事を考えると頭が痛いですが…)

昨日病院に行った所、今の所膿みの原因となっていた菌は見つかっていないようなのです。まあ、36時間までは経過してみないと何とも言えないようなのですが、もしこれで菌が発見されないと、原因不明中の原因不明… 一体何が悪かったのかもわからなくなってしまうと思うので、何かの菌は発見されるといいなぁと思っているのですが…。

さくらパパさんも、奥様がお仕事を始められてから忙しくなられたのではないですか?
でも、マメにお子さんたちを遊びに連れ出していて、偉い偉い!! うちの夫に爪の垢をいただきたいくらいです。ホントに。

そんな夫はマメではないのですが、実は、若い頃、あまりのスキーのうまさにきゅん!!となってしまい、現在がある訳です… なのでスキーには… フクザツな思いが…。 こうなって良かったのかどうなのか…?

スキー場に行く度にフクザツな思いになるわたしです。
ふふふふふ。
  • くうあい
  • 2015/02/19 8:27 AM
突然のメールで失礼致します。臨界水の効果はどうですか? 
  • 野川アキラ
  • 2015/03/03 10:56 AM
こんにちは。
はじめまして。

テレジアの記事を読んでくださった方でしょうか?

臨界水はテレジアが死んでしまうまで使いましたが

結局最後は、ステロイド剤の副作用で
須崎先生の治療が追いつかず、亡くなってしまいました。

須崎先生の治療に伺った時に
臨界水の注射というのをしていただいたのですが

その時は、本当に急に調子が良くなって
治ってしまったのかと思うほどでした。

『肥満細胞腫』(もしかしたら『テレジア』のカテゴリーにも?)
のところに詳しく書いています。

読んでいただけるとありがたいです。
  • くうあい
  • 2015/04/03 2:32 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

カブの人間化!

わたしのペット化

ケレブの人間化!

偉人の言葉

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM